恥ずかしアイドル・本郷杏奈が挑戦した"下着系水着セクシー"の境地 | 卑猥なおっぱいエロ動画

只野仁にAV女優・天使もえ出演!

“只野仁"の魅力は「15年たった今でも安定の面白さ」高橋克典(53)が18日、都内でドラマ「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2」(30日から5夜連続、午後11時15分)の制作発表に出席した。 03年にテレビ朝日系で連続ドラマとして放送後、シリーズ化。「15年やっています。安定の面白さ、安定感があります」。肉体関係のあるアナウンサー役の三浦理恵子(44)から「変わらぬ、すごくきれいな体」と褒められると笑顔を見せた。
続きを読む...

プロレスラー兼グラドル・上福ゆき(かみふくゆき)手ブラセミヌード

2013年度 東洋大学ミスコン準グランプリの経歴を持ち、英語堪能のワイルド系帰国子女の上福ゆきちゃんの1stイメージ作品『#かみーゆ ONE derful!』(グラッソ)が発売!「見た目と中身にGAPがあるツンデレ系パリピガールだよん」という彼女は、女子プロレス+グラビア=「グラレスラー」で現在DDT「東京女子プロレス」に所属しデビューも果たしている。鍛えられたスタイル抜群のアスリートの美しい体でセクシーに挑戦してくれている。
続きを読む...

水卜麻美アナウンサー、スッキリで胸チラ!!おっぱいデカスギ!

水卜麻美アナ「好きな女性アナウンサーランキング1位」 12月1日、ORICON NEWSは毎年恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」を発表。日本テレビの水卜麻美アナが1位に選ばれ、2013年から見事5連覇を果たした。今年で入社8年目の水卜アナだが、2013年から5年連続で1位に選ばれ殿堂入り。08年に5連覇を達成した元フジテレビ・高島彩アナウンサー以来、史上2人目の快挙を達成した。
続きを読む...

恥ずかしアイドル・本郷杏奈が挑戦した“下着系水着セクシー”の境地

“日本一恥ずかしがり屋のアイドル”として、グラビア界で熱い注目を集める本郷杏奈。人気バラエティ『ゴッドタン』で遺憾なく恥ずかしがりキャラを発揮、その名を全国区に広めた感のある本郷だが、そんな彼女のデジタル写真集が発売された。発売を記念して、直撃インタビューを敢行した。

――今年、ここまでのブレークは予想していましたか?

本郷:全然していなかったです。元旦に今田耕司さんが『爆笑ヒットパレード』で取り上げてくださって、それを見ていた脚本家の方が『未来予想図』のPVにキャスティングしてくださり、舞台のお仕事も決まりました。グラビアだけでなく、お芝居のオファーもあって驚いています。ゴッドタンの出演も、インパクト大きかったですね。それまではグラビア好きな方だけが、私を知ってくださっているような状況だったのが、高校生とか若い方、女性にも認知されて。フォロワーも何千という単位で増えました。

――最近では『恥ずかしがりキャラ』がすっかり定着しました。グラビアの撮影もたくさんこなすようになったと思いますが、今でも恥ずかしい?

本郷:大人数に見られるのが得意ではないんですよね。それも水着ですよ。それは恥ずかしいですよ。デビュー前に顔見せで出版社を回ったんですけど、会議室で水着に着替えるように言われて。今思えば当たり前なんですけど当時はわからず、「人前で、なんで水着にならなくちゃいけないんですか!」ってマネージャーに怒りのLINEを送ってしまったこともありました(苦笑)。ずいぶん慣れたとはいえ、四つん這いっぽいポーズは、いまだに恥ずかしいです。

――今回の写真集では、横浜元町にある洋館で撮影を行いました。衣装は全部で5パターンありますが、本郷さん的に気に入ったものはありますか?

本郷:この、白のシャツを羽織ったピンクの下着っぽい水着来ているのとか、好きですね。かわいくないですか?

――人によっては、「下着っぽい水着は恥ずかしい」と敬遠することもあるようですが……

本郷:私はイヤじゃないですね。矛盾しているようですけど、全然イヤじゃない。このグリーンの写真も下着にみえますけど、大人っぽく写っていてお気に入り。

トップ > エンタメ > 恥ずかしアイドル・本郷杏奈が挑戦した“下着系水着セクシー”の境地
エンタメ
2017年08月11日
恥ずかしアイドル・本郷杏奈が挑戦した“下着系水着セクシー”の境地
日刊SPA!取材班
“日本一恥ずかしがり屋のアイドル”として、グラビア界で熱い注目を集める本郷杏奈。人気バラエティ『ゴッドタン』で遺憾なく恥ずかしがりキャラを発揮、その名を全国区に広めた感のある本郷だが、そんな彼女のデジタル写真集が発売された。発売を記念して、直撃インタビューを敢行した。

――今年、ここまでのブレークは予想していましたか?

本郷:全然していなかったです。元旦に今田耕司さんが『爆笑ヒットパレード』で取り上げてくださって、それを見ていた脚本家の方が『未来予想図』のPVにキャスティングしてくださり、舞台のお仕事も決まりました。グラビアだけでなく、お芝居のオファーもあって驚いています。ゴッドタンの出演も、インパクト大きかったですね。それまではグラビア好きな方だけが、私を知ってくださっているような状況だったのが、高校生とか若い方、女性にも認知されて。フォロワーも何千という単位で増えました。

――最近では『恥ずかしがりキャラ』がすっかり定着しました。グラビアの撮影もたくさんこなすようになったと思いますが、今でも恥ずかしい?

本郷:大人数に見られるのが得意ではないんですよね。それも水着ですよ。それは恥ずかしいですよ。デビュー前に顔見せで出版社を回ったんですけど、会議室で水着に着替えるように言われて。今思えば当たり前なんですけど当時はわからず、「人前で、なんで水着にならなくちゃいけないんですか!」ってマネージャーに怒りのLINEを送ってしまったこともありました(苦笑)。ずいぶん慣れたとはいえ、四つん這いっぽいポーズは、いまだに恥ずかしいです。

――今回の写真集では、横浜元町にある洋館で撮影を行いました。衣装は全部で5パターンありますが、本郷さん的に気に入ったものはありますか?

本郷:この、白のシャツを羽織ったピンクの下着っぽい水着来ているのとか、好きですね。かわいくないですか?

――人によっては、「下着っぽい水着は恥ずかしい」と敬遠することもあるようですが……

本郷:私はイヤじゃないですね。矛盾しているようですけど、全然イヤじゃない。このグリーンの写真も下着にみえますけど、大人っぽく写っていてお気に入り。

――他、印象に残ったカットは?

本郷:ここのスタジオは雰囲気もすごくよくて、自然光で撮ってもらえたのが良かったですね。このスタイリングもすごい好き。

――今回はグラビアのデジタル写真集ということですが、今後、挑戦していきたいことは?

本郷:もっと演技のお仕事、テレビのお仕事を増やせていけたらいいなと思っています。プライベートではゴルフを始めたので、上達したい。私、結構飛ぶんですよ。レッスンに通ってるんですけど、「才能あるよ」なんて言われてその気になってます(笑)。もちろん、グラビアも全力で取り組みたい。いろんな人に、本郷杏奈を知ってもらえるよう頑張りたいと思います。

https://nikkan-spa.jp/1377626

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする