松山メアリが15センチ髪を切った本当の理由 – 7年ぶりグラビアDVDと「自ら何かをやると決めた記憶」 | 卑猥なおっぱいエロ動画

NHK紅白歌合戦・有村架純おっぱい画像まとめ63枚

2017年大晦日に行われたNHK紅白歌合戦にて有村架純(24歳)がおっぱい盛り盛りのセクシーな胸元ぱっくりあいた赤色ドレスで登場!前かがみで駆け足になった時におっぱいがゆっさゆさ揺れて視聴者のが有村架純のおっぱいに釘付けになったとのこと。有村架純はスレンダーな体型で巨乳というイメージがなかったのでこんなにおっぱいの谷間が露わになって乳揺れの瞬間が放映されたのが衝撃的です。
続きを読む...

元ホリプロタレントスカウトキャラバン入来茉里(いりきまり)セミヌード!

◆入来茉里「ここまでの露出は挑戦でした」大胆ショット
女優の入来茉里(27)が2日、最新写真集「I'm a?」の発売イベントを行った。 5年ぶりの写真集で、特技の新体操のポーズに加えランジェリー姿など大胆なショットが収められている。表紙は一糸まとわぬヌーディーな姿を披露しており「ここまでの露出は挑戦でしたが、飾ることのない姿をお見せしようと思いました」と決意を語った。
続きを読む...

水卜麻美アナウンサー、スッキリで胸チラ!!おっぱいデカスギ!

水卜麻美アナ「好きな女性アナウンサーランキング1位」 12月1日、ORICON NEWSは毎年恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」を発表。日本テレビの水卜麻美アナが1位に選ばれ、2013年から見事5連覇を果たした。今年で入社8年目の水卜アナだが、2013年から5年連続で1位に選ばれ殿堂入り。08年に5連覇を達成した元フジテレビ・高島彩アナウンサー以来、史上2人目の快挙を達成した。
続きを読む...

松山メアリが15センチ髪を切った本当の理由 – 7年ぶりグラビアDVDと「自ら何かをやると決めた記憶」

1 初グラビアは「全く笑えなかった」

『牙狼』シリーズの烈花役で知られ、かつては桜庭ななみ、高月彩良らと共にアイドルグループ・bump.yのメンバーとしても活動していた女優・(25)。7年ぶりにグラビアのイメージDVDを出すと知ったのは今月に入ってからのことだった。本人のSNSやDVD資料によると、髪を15センチ切って臨んだという。

7年ぶりとなるDVDタイトルは『メアリの休日』。26歳の誕生日を迎える9月2日に発売し、同日には、こちらも7年ぶりとなるイベントを開催(東京・秋葉原のソフマップAKIBA4号店/17時40分開場)。久しぶりのファンとの交流を心待ちにしているそうだ。

芸能人が仕事のために髪を切るということは、われわれ一般人のそれとは似て非なるもの(と勝手に思い込んでいる)。ロングヘアのイメージを貫いてきた松山だからこそ、「髪を切る」という行為に気持ちの転換や仕事に対する前向きな思いを、これも一方的ではあるが感じ取った。

果たしてその真意とは。中学三年生の時にスカウトされた、10年前のあの日。松山は、うれしそうに「仕事も含めて、今がいちばん楽しめている」と語る。

女優の松山メアリ 撮影:宮川朋久

bump.y卒業後の心境

――つい1カ月ほど前、同じ場所で高月彩良さんを取材しました。松山さんも所属していたbump.yは、ここで日々レッスンを重ねていたそうですね。(『重版出来!』東江絹役の苦悩とハマり役の代償「自分に才能あるのか」 – 高月彩良、20歳の記録)

そうですね! 毎日通っていました。掃除当番もあったんですよ(笑)。ダンスレッスンやボーカルレッスン、ライブのリハもここでやっていました。時々、話し合うこともありましたし、全員が卒業してグループとしての活動を終える時には、ダンスの先生と涙を流したことを思い出します。ここに来たのは、bump.yの卒業以来です!

――そうだったんですね! 久しぶりに戻って来ていかがですか?

すごく懐かしいです。当時のことは笑顔で思い出せます。

――高月さんは、bump.yを「自分にとっての『お家』のような存在でした」とおっしゃっていました。卒業して個人として活動していく自覚が芽生えて、転機になったと。松山さんにとって、bump.yはどのような存在ですか?

彩良とは年齢が違うので考え方も違うと思うんですけど、グループとして活動している時はソロ活動もグループで生かしたいと考えていました。たぶん、みんなも同じだったと思います。最後のライブの時にも言いましたが、自分の中では不完全燃焼で。今終わるのが正解なのか、すごく悩みました。でも、その経験を生かしていかないと、ここに通っていた日々が無駄になってしまいます。自分たちの努力の意味がなくりますし、私たちを支えてくださったファンやスタッフさん含め、bump.yのために使ってくださった時間が「もったいなかった」とならないように。先日、彩良の朗読劇を観に行ったんですが、bump.y時代からのファンの方もいてすごくうれしくなりました。

――ブログにもそのことが書かれていました。高月さんとは、久しぶりの再会だったんですか?

そうですね。事務所で会ったりはしていましたが、すごく久しぶりでした。サプライズで会いに行ったら、なかなか気づいてくれなくて、彩良らしい(笑)。いつも一緒で、家族よりもすごく長い時間を過ごしていたので、久しぶりに会うと当時が当たり前すぎて「どんなふうに接していたんだっけ?」みたいな感じになってしまいました(笑)。あれから互いにいろんなことを経験しましたが、そういう変わらない部分にも触れられてうれしかったです。

「思い出作りのためにやるわけにはいかない」

DVD『メアリの休日』(イーネット・フロンティア/3,800円税別)

――そして、松山さんは26歳の誕生日にDVDを発売。7年ぶりになりますが、最初に聞いた時はどのように思われましたか?

ドラマ撮影の帰り道にマネージャーさんから聞いたんですけど、私のグラビアに需要があるのか心配でした(笑)。十代の時は、十代ならではのフレッシュ感があります。ローカル番組(『すもももももも!ピーチCAFE』)にレギュラー出演させていただいてますが、そこでもフレッシュじゃない方のグループに(笑)。まだ、二十代半ばなのですが、この世界にはがんばってる十代の方がたくさんいらっしゃることを実感します。

――それでも、なぜ7年ぶりのDVDに挑戦しようと思ったんですか?

十代の頃にいくつかDVDを出させていただいて、十代後半から二十代前半はbump.y。卒業してからは「」としての作品を出していなかったので、今のままの私を残すとどうなるのかなという楽しみな部分もありました。

その分、不安も。ただの思い出作りのためにやるわけにはいかないので……今の方々はどんなイメージDVDを残していらっしゃるのか、実際に観て研究しました。十代の頃の私は、無邪気にはしゃいでいるところを撮っていただいていたのですが、最近のものはストーリー性や演技の要素もあって、すごく新鮮でした。

――「メアリの休日」以外にもタイトル案を考えたそうですね。ブログでは「おしゃれそうなものも考えた」とありました。

撮影終わった後にタイトルを決めることになって、大人になった自分を見てもらうためには、それなりにタイトルも「おしゃれ」にした方がいいのかなと思って(笑)。DVDランキングを見ると、みなさんすごく凝ってらっしゃるんですよね。名前を文字ってあるものもあったんですが、過去の写真集(『メアリアル』)で使いましたし……悩んだ結果、シンプルに「メアリの休日」となりました(笑)。

――たしかに休日のリラックスした雰囲気は出ていました。沖縄での2日間のロケ。沖縄ロケは、これまでグラビアで何度か経験したことがあるそうですが、何か違いは感じましたか?

グラビアについて何も知らなかった頃で、ただただ楽しくて、沖縄に行くことができてうれしかったです。とにかく、はしゃいでいた記憶で。今回は久しぶりの緊張感はありつつ、落ち着いて臨むことができました。どんな風に見せようかなとか。

当時は、衣装や髪型のアイデアもなくてスタッフさんの指示に従っていたのですが、今回はちょっと大人っぽい黒の水着にも挑戦しました。自分としても発見になって、衣装合わせの時から楽しかったです。髪も短く切りました。どんなエアアレンジができるかも分かっていなかったので、メイクさんと話し合いながら進めました。

DVD『メアリの休日』より

――これまでの作品と決定的に違う点ですね。

自分の作品に興味がなかったわけではないんですけど、スタッフさんがいて、私は「撮られる側」という気持ちだったんだと思います。今回は「みんなで作った」という印象です。

――「グラビア」という仕事の向き合い方も変わったわけですね。

変わりました。事前にいろいろな方の作品を拝見して、すごく勉強になりました。初めてのグラビアはスチール撮影で、全く笑えなくて。確か、マスコミの方は「すまし顔」みたいに書いてくださったんですけど、単純に笑えなかっただけ(笑)。どうやって笑っていいのかも、分かってなかったんです。カメラマンさんに教えていただいたりして、少しずつ笑顔が増えていきました。自分の表情をたくさん見つけてもらえたのも、グラビアのおかげだったと今だからこそ感じます。

――話が戻りますが、今回のために髪を切ったんですよね? しかも、15センチも。

年明けに切って、作品が終わってからも10センチぐらい切りました。今までずっとロングだったので、どんな感じのDVDになるのか、そこも楽しみでした。DVDを出すことが決まってから、映画『ラ・ラ・ランド』を観て、「エマ・ストーンさんぐらい切ったらどうなるんだろう」って、ふと思ったのがきっかけです。すぐに、エマ・ストーンさんの写真をマネージャーさんに送りました。

――どんな返事でしたか?

「いいんじゃない?」みたいな感じでした(笑)。

――あっさりですね(笑)。

そうですね(笑)。昨日の現場では、メイクさんが「ロングのイメージだった」と驚いてました。

――髪を切るというのは、われわれ一般人と違って、芸能人にとっては別の意味もあると思います。今回、松山さんは1つの仕事のために自ら変化をつけた。そういうきっかけを待ち望んでいたんですか?

どうだろう……年齢的に落ち着いた役が増えていたので、いつまでもデビューした当時からの「ロング」「十代のまま」というイメージを保つことに「このままでいいのかな」という思いはありました。髪を切ったらそのあたりが変わるのかなとか、すごく軽い気持ちです(笑)。

2 「私はロング」の思い込み

――これまでそういうタイミングはなかったんですか?

ありませんでした。「私はロング」というイメージを勝手に思い込んでいて。グループの時も、一人だけ長かったんです。みんな短かったので、逆に「私はロングの方がいいのかな」と。でも、今回切ることにあまり抵抗もなくて、「髪が軽くなった!」みたいな感じで(笑)。しかも、自分の作品がきっかけなのでよかったかなと思います。短くして、衣装ごとの変化もつけられました。bump.yの時にもお世話になったメイクさんが担当してくださったんです。

――ヘアアレンジも見どころだと感じました。外見的なお話なのですが、スタイルのコンディションも整えて臨まれたんですか?

そうですね。いつも以上に気をつけました。『牙狼』で烈花という役をやらせていただいたんですが、結構露出が多い役で周りの方から「女性っぽくなったね」とよく言われました(笑)。それを今回はどうやって見せようかと考えました。昔、新体操をやっていたので、普段から筋トレや柔軟とかはやっていて、それをちょっとハードにしたり、お酒が大好きなので控えたりしました。だから、撮影を終えて、沖縄でオリオンビールを飲みました(笑)。

――最高の瞬間ですね(笑)。7年ぶりに挑戦されたわけですが、こうして形になっていかがですか。

やってよかったと思います。こういう仕事をしているからこそ、今の自分を残すことができる。節目節目で、そういう機会をいただけることはとてもありがたいことだと思います。しかも、発売日が誕生日ですから(笑)。

――発売日の9月2日で26歳。25歳から26歳になることについて、何か感じていることはありますか。

特にありませんが、四捨五入すると30歳ですし、アラサーではあるんですが、同世代の友人と年齢の話になって、「20代半ばを楽しもう!」と(笑)。二十歳になりたての頃は、「大人になる!」という感じだったと思うんですけど、この年齢だからこそ「今」を楽しめるようになっているのかなと。女性としても。

――発売当日にイベントを開催するそうですね。

一人でのイベントは、前回のDVD以来です。ファンの方々といちばんお会いできたのが、グループにいた頃。その前から応援してくださっている方もいるんですけど、この仕事、特に「アイドル」には絶対に必要な方々だと感じました。応援して下さっているありがたさを対面して再認識しているので、何かでお会いできる機会を設けたいと思っていました。今回イベントできることも、すごくありがたいです。

リポーター経験から得たもの

――今年3月にインスタを始めたのは、そういう思いもあったんですか?

それもきっかけの1つですし、自分の作品をもっと多くの人に届けられるのかなという思いもありました。

――マグロの写真。すごい迫力ですね。あれこそ”インスタ映え”だと思います。

全然オシャレじゃないですけど、たしかに”インスタ映え”ですね(笑)。番組で和歌山の那智勝浦ロケがあって、もともと予定にはなかったんですが、すごく大きなマグロが揚がったというのをニュースで知って、観光協会の方のお陰で取材できました。怪物みたいに大きかった(笑)。一緒に撮ってくださったのは、マグロを買い取った社長さん。トラックの中での一枚です。

――ロケのレポーターは、そういう偶然の出会いが結構あるものなんですか?

そうですね。関西の『みんなのニュース 報道ランナー』(前番組名『ゆうがたLIVEワンダー』『みんなのニュースワンダー』)は、街ロケや一般の方と触れ合う機会が多いので、毎回どんな展開になるのか分からないんですが、そこも含めてすごく楽しいです(笑)。

――そこでレポーターの「イロハ」を覚えたんですか?

そうです。初回の映像を時々見返すんですが、もう恥ずかしくて(笑)。きれいに編集してくださったんだなといつも感謝しています。毎回台本もなくて、インタビューが初めてで緊張している方も多いので、どうやって話を引き出すかいつも考えています。しかも、紹介するものがあっての自分。どうやってそこを引き立てるのかも毎回悩んでいて、やっと最近、話を拾えるようになりました。

――下調べをしたり?

それができないこともあって、決まっているのは行く場所だけみたいなことも(笑)。1日にお店を何軒も回ることもあって、お店に着いてスタッフさんが準備をしている間にお店の方とたくさんお話しするようにしています。

――備えができない仕事は大変ですよね。

そうですね。情報番組をたくさん観て、レポーターさんから学んでいます。自分を程よく目立たないように、相手を引き立たせるように。コメンテーターの方々も見て、瞬時に何を言うべきか勉強しています。きっと、最初の失敗は「撮ってもらうのが当たり前」と思っていたからなのかな。経験を通して、そのあたりは変わったと思います。

心に残る事務所社長の言葉「それでも見つけてたよ」

――幅広い活動の源ですね。スカウトされてから、今年は節目の10年。中学3年生の時、部活帰りに声を掛けられたんですよね?

そうですね。20代のグループ活動を終えて一人になってから、この世界にいる年数や先のことを感じはじめたというか。それまで考えようとしていなかったわけではなかったんですが、「今やらなきゃいけないもの」がたくさんあったので、そこに一生懸命でした。だから、グループを卒業してから何をしていいいのか分からなかったんです。誰と遊べばいいのかとか、そういうことすらも浮かばなくて(笑)。今は「自分の時間」を作って、楽しめるようになりました。仕事も含めて、今がいちばん楽しめているかもしれません。

――高月さんも、グループ活動を終えてから変化を感じたとおっしゃっていました。

そうなんですね。私の転機は、二十歳の頃に出させていただいた舞台『大和三銃士』。いろいろな世代とジャンルの方が出演されていて、そこで初めて「自分の仕事にしよう」と心に決めました。それまでは二十歳まで続けるなんて、想像すらしていなかった。最近は、お世話になっている方々から40代、50代になった私とも仕事がしたいと言っていただくことが増えてきて、もっと頑張らなきゃなと思っています。

――スカウトされて、3カ月ほど悩んだそうですね。何か引っかかっていたんですか?

芸能人になるなんて考えたこともなかったので、しばらくは何も考えられなかったんだと思います。自ら何かをやると決めた記憶があまりなくて、習い事も母から勧められたものをやって、新体操もその1つでした。自分きっかけじゃないけど打ち込んでやっていて、自分でやりたいことを決めるのは学生生活が終わって……就職とかもっと先のことだと思っていました。そんな中、スカウトで「どうする?」と聞かれて、しばらく悩んで「じゃあ、やってみよう」。そんな感じでした。

――芸能人になってよかったと思いますか?

はい、芸能界に入ってよかったと思います。今は、別の選択が想像できないので(笑)。

――スカウトで人生が変わる。普通の学生が、翌日には芸能人に。生きていて、ここまでの運命的な分岐点はなかなかないと思います。

いまだに、なんで自分が見つかったんだろうと不思議に思います。あの日、もっと学校を遅く出ていたら。違う方向から帰っていたら。事務所に入ってすぐぐらいに、社長に「私はここにいなかったかもしれないですね」と話したら、「それでも見つけてたよ」と言われましたのが今でも印象に残っています。

■プロフィール

1991年9月2日生まれ。兵庫県出身。A型。身長160センチ。中学3年生の時、部活帰りにスカウトされて芸能界デビュー。2009年から2014年まで、bump.yのメンバーとして活動。『ハンマーセッション!』(10・TBS系)、『アスコーマーチ』(11・テレ朝系)、『牙狼』(11~12、16、17・テレ東系)、『ヨメ代行はじめました。』(13・フジ系)などのドラマ、『三十九枚の年賀状』(08)、『牙狼 ~RED REQUIEM~』(10)、『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』(12)、『牙狼外伝 桃幻の笛』(13)などの映画に出演。08年~10年にかけて、5枚のDVDを発売した。現在は、『すもももももも!ピーチCAFE』(15~・読売テレビ)、『みんなのニュース 報道ランナー』(17~・関西テレビ)にレギュラー出演している。

IMAGE EYES
お宝、ハプニング、テレビ、キャプチャ、アイドル動画、アダルト、AV、無修正、激レア動画を一挙無料配信!

 

 

豊田愛菜(とよたまな)AVデビュー

現役ストリッパーで元着エロアイドルの豊田愛菜(とよたまな)がAV解禁!高身長で本人曰く天然のHカップおっぱい!スタイルは抜群の豊田愛菜。ツイッターでも明るく元気な雰囲気な好印象です。
続きを読む...

垣内麻里亜アナ(22)バスタオル1枚の入浴シーンがエロい

プロフィール
名前 垣内 麻里亜(かきうち まりあ)
誕生日 1月7日
出身地 宮崎県都城市
血液型 A型
趣味   パック集め
特技   太鼓の達人・上唇で鼻をふさぐ
続きを読む...

仲村みうAV第2弾!3P中出しキター!

2017年06月にAVデビューを果たした仲村みうの2弾AVがついに発表!発売は2018年1月1日の予定だそうです。2017年に一番話題だったAV女優の仲村みうさんですがやはりピーク着エロアイドル時代よりも多少人妻感があったということでいい面もある悪い面もありました。今回の第2弾は3Pをしていて裏パッケージからも騎乗位でチンポを咥えているのが確認できます。また中出しにも挑戦ということで偽中出しなのか本生中出しなのか検証が必要かもしれませんね。
続きを読む...

蓮実クレアの誕生日オフ会の様子

蓮実クレアが2017年、12/3で26歳になったそうです。おめでとうございます。その際行われたファンイベント誕生日オフ会の模様がツイッターにアップされていて話題となっていますw ネットの反応ではハゲが多すぎる、楽しそう、このあと蓮実クレアでオナニーしたら気持ちよさそうなど様々な意見がありました。ネットに顔出しで残るのは勇気があるのですごいなと思いました。
美しい顔立ちとパーフェクトなスタイルを合わせ持ち、“痴女”というキャラクターで人気を集める蓮実クレア。  蓮実が13歳の時に父親の持つHな本を探していたというエピソードに興味深々。さらに蓮実が、お尻の肉を左右交互にピクピクさせる特技を披露すると、それを見た一同は「すごい」と大興奮。
続きを読む...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする