田中みお 元モデル・女優のヌードエロ画像 | 卑猥なおっぱいエロ動画

鈴村あいり事務所を移籍!AV復活!

行方不明だったAV女優の鈴村あいりがツイッターで復活報告!ファンからはうれしいとの喜びの声が多数あがっています。AV事務所を移籍したとのことでこれまでのSNSアカウントは変更になったものの女優名は鈴村あいりそのままです。AVメーカーに関してもプレステージにそのまま専属女優としてこれからもAVをリリースする予定だそうです。これにはファンは別メーカーからのAV発売もしてほしかったという反応もありました。
続きを読む...

只野仁にAV女優・友田彩也香、めぐり、初川みなみ出演!

大晦日の只野仁は、AV女優・友田彩也香、めぐり、初川みなみが出演!第一話のおっぱいシーンより第2話の方が少し多めにお色気シーンがありました。っまた今回サウナのおっぱいポロリ役が毎回違うようで【只野仁スピンオフ・夢見るサウナ】で既に出演している白石茉莉奈、初川みなみ、由愛可奈、羽咲みはる、古川いおりがサウナおっぱい要因として出演しているようです。
続きを読む...

水卜麻美アナウンサー、スッキリで胸チラ!!おっぱいデカスギ!

水卜麻美アナ「好きな女性アナウンサーランキング1位」 12月1日、ORICON NEWSは毎年恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」を発表。日本テレビの水卜麻美アナが1位に選ばれ、2013年から見事5連覇を果たした。今年で入社8年目の水卜アナだが、2013年から5年連続で1位に選ばれ殿堂入り。08年に5連覇を達成した元フジテレビ・高島彩アナウンサー以来、史上2人目の快挙を達成した。
続きを読む...

田中みお 元モデル・女優のヌードエロ画像

田中みお 元モデル・女優のヌードエロ画像

田中みお(たなかみお)プロフィール
別名義:少女M
生年月日:1968年11月27日
出身地:東京都
血液型:O
身長 / 体重 161 cm / ― kg
スリーサイズ:83 – 60 – 83 cm
カップサイズ:B
デビュー:ROMANCE Part2
ジャンル:グラビア
他の活動:女優

来歴・人物
1982年9月、通信販売のみの発売で送料込みの1万5千円の豪華写真集『ROMANCE Part2』(この写真集は他にはKUMI、SAYAKAという田中みおより幼い二人の少女も登場、ちなみに他モデルの『ROMANCE 五人の少女の前奏曲』が前作にあたる)で少女Mという特異な芸名でヌードモデルとしてデビューした。Mの意味は本人曰く、未成年のMである。この時、少女Mこと田中みおは13歳であった(雑誌によっては12歳という表記もある)。モデルになったきっかけは、叔母がプロダクションをしており、事務所に遊びに行った時にたまたまいたカメラマンに誘われたからである[3]。少女Mの名付け親もこの叔母で、新聞で未成年者を示す少女Aからヒントを得たという。
この時代に発売された少女ヌード写真集の多くは、まだヘアの生えてない局部はそのまま写し出されていることが多く、この写真集もその例外ではなかった(その1ヶ月後に普及版が発売)。翌年6月にビデオ『少女M・13歳』が大ヒットする。このビデオは、その後続々と発売されることになる少女ビデオの先鞭をつけた。当時の人気は凄まじく、最初の写真集3冊とビデオ2本で4億円近くを稼ぎ出した。そして少女Mは週刊プレイボーイを中心に、写楽、平凡パンチ、GORO、ビデオボーイ、ACTRESS、アクションカメラ等、当時の男性誌に次々と取り上げられ、何度も表紙を飾るなど一気にメジャーとなり、他のアイドルとは違う独特の存在感で注目された。84年には『スクラップ・ストーリー ある愛の物語』で主演、主題歌も歌う。この映画には嵐山光三郎、高田純次、糸井重里、レオナルド熊、安岡力也といった当時の著名人が多数出演しているが、田中みおは実年の14歳のヌードモデル役を演じており、フルヌードの場面や、ベッド・シーンも演じているため今となってはソフト化は不可能とされている。その時代は、それだけ少女の裸に対して寛容だった。ベッド・シーンでは官能の表情ができず、監督の若松孝二が隠れてて足をつねったりして、顔を歪ませて感じた演技をさせた。これについては、体験がないから演じられなかったと本人は弁解している[1] 。この映画では報知映画賞で最優秀新人賞にノミネートされた。また、この当時の自らについては次のように語っていた。 「私、人の顔色を伺いながら話すのってニガテなんです。その人にどう思われようと、自分のやりたいようにヤルッ。“ガマン”とか“忍耐”とか、そーゆー言葉も一切パス。スキゾ型人間の典型なんですよね。」
その後、二年間のブランクを経て『週刊プレイボーイ』誌上で名前を読者応募で改名することにし、田中みおと命名。女優、歌手として活動することを宣言する。
また1984年に写真集『君はキラリ』が10万部を超える大ヒットになった同じロリータアイドルの諏訪野しおり(後に若葉しをりと改名)とは同じ事務所で、映画、テレビと何かと共演する機会が多かった。
田中みお 画像

































シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする